全国シミュレーション

交差点レベルから広域エリアをカバー

alloversimulation_1.jpg

 仮想空間上に日本全国を網羅した道路ネットワークを再現し、車1台1台が交通状況を判断し、走行します。交差点レベルの渋滞から、日本全国の車の流れまで把握できます。
 また広域をカバーした本シュミレーションを利用することで、これまで準備に時間を要していた他のシミュレーションモデルのためのデータの切り出しが可能となります。

効果評価への利用

 例えば、東名高速道が通行止めになったら?現実では実験できないこともシミュレーションならば何度でも評価できます。さらに、交通状況や環境負荷のデータを取得可能です。

alloversimulation_2.jpg
東名高速通行止めによる迂回の評価
(通常時交通量との差分)

複数台のPCで分散処理

alloversimulation_3.jpg

 PC1台では手におえない計算も複数台のPCをつなぐことで、日本全国のシミュレーションが可能です。ITLでは、グリッドコンピューティング技術を利用し、 PC毎に地域を割り当てて分散処理を行い、交通状況を計算しています。

モデルの特徴

交通流モデル
・渋滞現象のダイナミズムを考慮して、過飽和の交通状況を再現
・静的/動的な経路選択モデルを内包
・対象車両を限定した交通運用施策の評価が可能
経路選択モデル
・車両は常に目的地までの「経路誘導ネットワークを参照」
・最短コストとなる経路を選択するものと、ロジットモデルにより確率選択するものを用意



alloversimulation_4.jpg