技術文献

AVENUEに関する文献
1. 堀口良太, 片倉正彦, 桑原雅夫:都市街路網の交通流シミュレータ -AVENUE- の開発, 第13回交通工学研究発表会論文集, pp.33-36, 1993
2. R. Horiguchi, M. Katakura, H. Akahane and M. Kuwahara :A Development of a Traffic Simulator for Urban Road Networks: AVENUE, Proceedings of Vehicle Navigation & Information Systems, Yokohama, pp.245-250, 1994.
3. 堀口良太, 片倉正彦, 赤羽弘和, 桑原雅夫:ハイブリッドブロック密度法を用いた都市街路網の交通流シミュレータの開発:AVENUE, 土木学会第49回年次学術講演会第IV部門論文集, 1994.
4. 堀口良太, 熊谷香太郎, 神前泰, 大島邦彦:オブジェクト指向に基づく都市街路網の交通流シミュレータ:AVENUE, 熊谷組技術研究報告第53号, pp.63-69, 1994.
5. R. Horiguchi, M. Katakura, H. Akahane and M. Kuwahara :The Case Studies of the Traffic Assessment Using 'AVENUE, IATSS Research, Vol. 18, No. 2, pp.76-79, 1994.
6. R. Horiguchi, M. Kuwahara and I. Nishikawa :The Model Validation of Traffic Simulation System for Urban Road Networks: 'AVENUE', Proceedings of the Second World Congress on Intelligent Transport Systems'95, Yokohama, Vol. IV, pp.1977-1982, 1995.
7. 堀口良太 , 桑原雅夫, 片倉正彦:交通シミュレーションシステム -AVENUE- における交通流計算手法の改良, 土木学会第51回年次学術講演会第IV部門論文集, pp.452- 453, 1996.
8. R. Horiguchi, M. Kuwahara, M. Katakura, H. Akahane and H. Ozaki :A Network Simulation Model for Impact Studies of Traffic Management 'AVENUE Ver. 2', Proceedings of the Third Annual World Congress on Intelligent Transport Systems, Orlando, CD-ROM, 1996.
9. 堀口良太:交通運用策評価のための街路網交通シミュレーションモデルの開発, 東京大学学位論文, 1996.
10. 大島邦彦, 堀口良太, 熊谷香太郎:統合型交通シミュレーションシステムの開発 , アーバンインフラ・テクノロジー推進会議第8回技術研究発表論文集, pp.147-152 , 1997.
11. 桑原雅夫, 吉井稔雄, 堀口良太:ブロック密度法を用いた交通流の表現方法について, 交通工学, 第32巻4号, pp.39-43, 1997.
12. 堀口良太, 桑原雅夫, 片倉正彦, 赤羽弘和, 尾崎晴男:路外に起終点を持つOD交通量を扱うシミュレーションのネットワーク表現について, 土木学会第53回年次学術講演会第IV部門論文集, pp.684-685, 1998.
13. Joy Bhattacharya and Ryota Horiguchi:Implementation of Transportation Management Strategies using AVENUE for developing countries, Proceedings of 7th Asia-Pacific ITS Folum, New Delhi, August, 2005.

▲ ページトップへ

SOUNDに関する文献
1. 吉井稔雄, 桑原雅夫:都市高速道路を対象とした過飽和交通流シミュレーションモデル, 土木計画学研究・講演集16(1), pp.121-126, 1993.
2. 吉井稔雄, 桑原雅夫:都市内高速道路の過飽和ネットワークシミュレーションモデルの開発, 土木学会第49回年次学術講演会講演集第4部, pp.746-747, 1994.
3. 吉井稔雄, 桑原雅夫, 森田綽之:都市内高速道路における過飽和ネットワークシミュレーションモデルの開発, 交通工学, Vol.30, No.1, pp.33-41, 1995
4. T. Yoshii and M. Kuwahara :SOUND: A Traffic Simulation Model for Oversaturated Traffic Flow on Urban Expressways, Preprint at 7th World Conference on Transportation Research, Sydney, 1995.
5. 岡村寛明, 桑原雅夫, 吉井稔雄:過飽和ネットワークシミュレーションモデルの一般街路への拡張, 土木学会第50回年次学術講演会講演集第4部, pp.114-115, 1995.
6. 岡村寛明, 桑原雅夫, 吉井稔雄, 西川功:一般街路網シミュレーションモデルの開発と検証, 第16回交通工学研究発表会論文集, pp.93-96, 1996.
7. 岡村寛明, 桑原雅夫, 吉井稔雄:過飽和ネットワークシミュレーションモデルの一般街路への拡張と実ネットワークへの適用, 土木学会第51回年次学術講演会講演集第4部, pp.450-451, 1996.
8. 桑原雅夫, 吉井稔雄, 森田綽之, 岡村寛明:広域ネットワーク交通流シミュレーションモデルSOUNDの開発, 生産研究, Vol.48, No.10, pp.49-52, 1996.
9. 村上康紀, 小根山裕之, 桑原雅夫:東京23区ロードプライシング導入に伴う交通運用政策に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002.11.
10. 玉本学也, 堀口良太, 桑原雅夫:交通シミュレーションSOUNDの大規模ネットワークへの適用, 第30回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, CD-ROM, 2004.11.
11. 飯島護久, 石神孝裕, 高橋勝美, 野中康弘, 藤川謙:交通量配分との連携による道路整備事業評価への広域交通シミュレーションの適用, 第33回土木計画学研究発表会(春大会)講演集, CD-ROM, 2006.6.
12. 飯島護久, 福本大輔, 桑原雅夫:首都圏ネットワークにおける動的シミュレーションの適用可能性, 第27回日本道路会議論文集, CD-ROM, 2007.11.(優秀論文賞受賞)
13. 大口敬, 伊藤麻紀, 水田隆三, 堀口良太:東京23区を対象とした大規模災害時交通シミュレーションと交通渋滞緩和策の評価, 第33回交通工学研究発表会論文集, 2013.9.

▲ ページトップへ

シミュレーションモデル検証に関する文献
1. 赤羽弘和, 大口敬, 吉井稔雄, 堀口良太:交通シミュレーションモデルの実用化に向けての課題, 土木計画学研究講演集, No. 20 (1), pp.521-523, 1997.
2. 堀口良太, 吉井稔雄:ネットワークシミュレーシ ョンにおける交通流のモデル化とその検証, 交通流のシミュレーションシンポジウム, 1997.
3. 花房比佐友, 山口智浩, 赤羽弘和, 吉井稔雄:交通シミュレーションシステムの再現性検証用データセットの構築, 土木学会第52回年次学術講演会第IV部門論文集, pp.150-151, 1997.
4. 堀口良太, 赤羽弘和, 吉井稔雄, 花房比佐友, 山口智浩:ネットワークシミュレーション用のベンチマークデータセットの構築~車両経路の抽出, 土木学会第52回年次学術講演会第IV部門論文集, pp.154-155, 1997.
5. 花房比佐友, 白石智良, 赤羽弘和, 吉井稔雄, 堀口良太:交通シミュレーションシステムの再現性検証用データセットの構築, 土木計画学研究講演集, No. 20 (1), pp.497- 499, 1997.
6. 花房比佐友, 吉井稔雄, 堀口良太, 赤羽弘和:交通シミュレーションシステム再現性検証用データセットの構築, 土木学会第53回年次学術講演会第IV部門論文集, pp.534-535, 1998.
7. R. Horiguchi, T. Yoshii, H. Akahane, M. Kuwahara, M. Katakura, H. Ozaki and T. Oguchi :A Benchmark Dat Set for Validity Evaluation of Road Network Simulation Models, Proceedings of 5th World Congress on Intelligent Transport Systems, Seoul, 1998.
8. 堀口良太, 桑原雅夫, 片倉正彦, 赤羽弘和, 尾崎晴男:ベンチマークデータを用いた道路ネットワークシミュレーションモデルの検証, 土木計画学研究講演集, No. 21 (1), pp.579-582, 1998.
9. 堀口良太:シミュレーションモデル標準化のためのベンチマークデータの整備と公開, 土木計画学研究講演集, No. 21 (1), p.611, 1998.
10. 花房比佐友, 吉井稔雄, 堀口良太, 赤羽弘和:交通シミュレーションシステムの再現性検証用データセットの構築, 土木計画学研究講演集, No. 21 (1), pp.583-586, 1998.
11. R. Horiguchi, T. Yoshii, H. Akahane, M. Kuwahara, M. Katakura, H. Ozaki and T. Oguchi :Constructing a Benchmark Dat Set for Validity Evaluation of Road Network Simulation Models, Proceedings of 8th World Conference on Transport Research, Antwerp, 1998.
12. 吉井稔雄, 堀口良太:モデル検証用マニュアルの策定, 第37回土木計画学シンポジウム論文集, pp.107-112, 2001.
13. R. Horiguchi, M. Kuwahara and T. Yoshii:A Manual of Verification Process for Road Network Simulation Models - an Examination in Japan, Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transportation Systems, Turin, 2001.
14. 花房久佐友, 吉井稔雄, 堀口良太, 赤羽弘和, 片倉正彦, 桑原雅夫, 尾崎晴男, 大口敬, 西川 功:交通シミュレーション再現性検証用データセットの構築, 土木学会論文集, No. 688/Ⅳ-53, pp.115-123, 2001.10.
15. R. Horiguchi and M. Kuwahara:Verification Process and its Application to Network Traffic Simulation Models, Journal of Advanced Transportation, Vol. 36, No. 3, pp. 243-264, 2003.
16. R. Horiguchi:Standardization of Traffic Simulation Models through Verification and Validation, Proceedings of Best Practices in Road Engineering Conference, Kuala Lunpur, CD-ROM, 2003.
17. S. Tanaka, T. Komiya, H. Hanabusa, S. Hayashi, R. Horiguchi and M. Kuwahara:An Arrangement of Benchmark Dataset for Model Validation in CO2 Emission Volume Estimation, presented at the 2nd International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardisation, Brisbane, September 2011.

▲ ページトップへ

ETC料金所評価シミュレーションに関する文献
1. 堀口良太, 桑原雅夫:ETCゲートが設置された料金所の容量に関する理論的解法, 土木計画学研究・講演集22(1), pp.603-606, 1999.
2. 堀口良太, 永田尚人:シミュレーションを用いた料金所ETC化による容量改善の検討, 第23回日本道路会議・一般論文集(A)・ITS部会, pp.314-315, 1999.
3. 堀口良太, 桑原雅夫:ETC導入による料金所容量への影響に関する理論的解法と考察, 土木学会論文集, No. 653/IV-48, pp.29-38, 2000.7.
4. Ryota Horiguchi, Masao Kuwahara and Toshio Yoshii :Evaluation tools for the effects of ETC toll plaza on road networks(extended abstract), The First International Symposium on Transportation Network Reliability, Kyoto, 2001.
5. 桑原雅夫, 吉井稔雄, 堀口良太:ETCの評価-スマートウェイ2001の評価, ITSに関する基礎的線端的研究・報告書, pp.66-89, 2001.3.
6. 舌間貴宏, 村重至康, Jian Xing, 赤羽弘和, 堀口良太:ETC料金所の効果的な運用方式検討のためのシミュレーションモデル開発と適用, 交通工学, Vol. 41, 増刊号, 2005.11.
7. T. SHITAMA, R. HORIGUCHI, H. AKAHANE, J. XING:Traffic Simulation for Expressway Toll Plaza Based on Successive Vehicle Tracking Data, Proceedings of Internatinal Symposium of Transport Simulation, Lausanne, Switzerland, September 2006.
8. R. HORIGUCHI, T. SHITAMA, H. AKAHANE, J. XING: Traffic Simulation for an Expressway Toll Plaza Based on Successive Vehicle Tracking Data, Chapter 11 of Transport Simulation - Beyond Traditional Approaches (Ed. by E. Chung and A. Dumont), EPFL Press, 2009.

▲ ページトップへ

大規模ネットワークシミュレーションに関する文献
1. 桑原雅夫, 堀口良太:これからの広域ネットワーク解析-静から動への転換, 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, CD-ROM, 2004.6.
2. 堀口良太:事例にみる動的シミュレーション利用の合理性, 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, CD-ROM, 2004.6.
3. 佐藤光, 堀口良太, 桑原雅夫:大規模ネットワークにおける動的シミュレーション適用の現在とこれから, 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, CD-ROM, 2004.6.
4. 小出勝亮, 白石智良, 飯島護久, 堀口良太, 田中伸治:グリッドコンピューティングによる日本全国交通シミュレーションシステムの開発, 第9回ITSシンポジウム2010予稿集, pp.354-358, 2010.12.
5. 小出勝亮, 田中伸治, 白石智良, 飯島護久, 堀口良太:グリッドコンピューティングによる日本全国交通シミュレーションシステムの開発, 生産研究, 63巻2号, pp.43-46, 2011.2.
6. 小出勝亮, 田中伸治, 飯島護久, 白石智良, 堀口良太:グリッドコンピューティングによる日本全国交通シミュレーションシステムの開発, 交通工学, 第46巻3号, pp.9-12, 2011.5.
7. 小出勝亮, 田中伸治, 飯島護久, 白石智良, 花房比佐友, 堀口良太:階層的な経路選択による日本全国交通シミュレーションシステムの開発, 第10回ITSシンポジウム予稿集, 2011.11.4-5.
8. 花房比佐友, 小出勝亮, 白石智良, 小林正人, 小宮粋史, 田中伸治, 堀口良太, 桑原 雅夫:CO2排出量評価のためのハイブリッドシミュレーション技術の開発, 第10回ITSシンポジウム予稿集, 2011.11.4-5.
9. H. Hanabusa, T. Shiraishi, K. Koide and R. Horiguchi:Development of a Hybrid Traffic Simulation Framework for Environmental Evaluation for ITS Applications, Proceedings of the 18th World Congress on Intelligent Transport Systems, Orlando, 16-20 Oct. 2011.
10. 小林正人, 堀口良太, 花房比佐友, 小出勝亮:ネットワーク交通シミュレーションのための時間帯別OD交通量と確率経路選択モデルのロジット感度パラメータ一括推定プログラムの開発, 第32回交通工学研究発表会講演論文集, 2012.09
11. 小出勝亮, 田中伸治, 飯島護久, 白石智良, 花房比佐友, 堀口良太:日本全国規模のネットワークを対象とした交通流シミュレーションの開発, 第46回土木計画学研究発表会(秋大会)講演集, 2012.11.2-4.
12. 小出勝亮, 田中伸治, 飯島護久, 白石智良, 花房比佐友, 堀口良太:日本全国規模のネットワークを対象とした交通流シミュレーションの精緻化, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
13. 堀口良太, 小出勝亮, 白石智良, 飯島護久, 花房比佐友:大規模ネットワーク交通流シミュレーションの交通経済評価への適用可能性, 第47回土木計画学研究発表会(春大会), 広島, 2013.6.1-2.
14. S. Hirai, J. Xing, R. Horiguchi, T. Shiraishi, M. Kobayashi:Development of a Network Traffic Simulator for the Entire Inter-urban Expressway Network in Japan, International Symposium of Transport Simulation & International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardisation, Ajaccio, Corsica, 1-4 Jun. 2014.
15. 平井章一, Jian XING, 高橋亮介, 堀口良太, 白石智良, 小林正人:都市間高速道路ネットワークを対象とした交通流シミュレーションの開発, 第50回土木計画学研究発表会(秋大会)講演集, CD-ROM, 2014.11.
16. S. Hirai, J. Xing, R. Horiguchi, T. Shiraishi, M. Kobayashi:Development of a Network Traffic Simulator for the Entire Inter-urban Expressway Network in Japan, Transportation Research Procedia, Vol. 6, pp. 285-296, 2015.
17. R. Horiguchi1, M. Iijima, T. Oguchi:Simulation Experiment for ITS on Three Expressway Rings in Tokyo Metropolitan Region, 22nd ITS World Congress, Bordeaux, 5–9 October 2015.
18. T. Oguchi, M. Chikaraishi, M. Iijima, H. Oka, R. Horiguchi, J. Tanabe and Y. Mohri:Advanced simulation model in the region of Tokyo metropolitan urban expressway rings, 23rd ITS World Congress, Melbourne, Australia, 10–14 October 2016.
19. 大口敬, 力石真, 飯島護久, 岡英紀, 堀口良太, 田名部淳, 毛利雄一:首都圏3環状都市高速道路における交通マネジメント方策, 第55回土木計画学研究発表会(春大会)講演集, 2017.06

▲ ページトップへ

オンラインシミュレーションに関する文献
1. 吉井稔雄, 赤羽弘和, 桑原雅夫:都市高速道路における予測交通情報の提供効果, 土木学会第50回年次学術講演会講演集第4部, pp.86-87, 1995.
2. T. Yoshii, H. Akahane and M. Kuwahara :Accuracy of Traffic Information in Dynamic Route Guidance Systems, The 3rd Annual World Congress on Intelligent Transport Systems, Orlando, CD-ROM, 1996.
3. T. Shiraishi, R. Horiguchi, M. Kuwahara:A Development of Traffic Prediction System Based on Real-time Simulation, Proceedigs of 12th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM, 2005.11.
4. K. Munakata, Y. Tamura, H. Warita, T. Shiraishi:A Case Study about the Traffic Prediction under Accidents Using Dynamic Traffic Simulation on Tokyo Metropolitan Expressway, Proceedings of 16th World Congress on Intelligent Transport Systems, Stockholm, 2009.9.
5. 宗像恵子, 田村勇二, 割田博, 白石知良:首都高速道路におけるリアルタイム予測シミュレーションの開発, 第29回交通工学研究発表会講演論文集, 2009.11.
6. T. Shiraishi and H. Akahane:Development of an Algorithm of Automatically Setting Critical Speeds on Urban Expressways, Proceedings of the 18th World Congress on Intelligent Transport Systems, Orlando, 16-20 Oct. 2011.
7. 白石智良, 赤羽弘和, 森田綽之, 堀口良太:都市高速道路の感知交通量のバイアス補正手法の開発, 第32回交通工学研究発表会講演論文集, 2012.9
8. 花房比佐友, 小林正人, 小出勝亮, 堀口良太, 大口敬:市街地道路交通を対象としたナウキャストシミュレーションシステムの構築, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
9. 田村勇二, 割田博, 稲富貴久, 船岡直樹, 佐藤光, 堀口良太, 白石智良, 桑原雅夫:首都高速道路における突発事象発生時の交通状況予測に関する感度分析, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
10. 花房比佐友, 小林正人, 小出勝亮, 堀口良太, 大口敬:市街地道路交通を対象としたナウキャストシミュレーションシステムの構築, 第47回土木計画学研究発表会(春大会), 広島, 2013.6.1-2.
11. 榊原肇, 大上泰史, 瀬戸島健, 堀口良太:交通流補正項の導入によるシミュレータの再現性向上と実用例, 第47回土木計画学研究発表会(春大会), 広島, 2013.6.1-2.
12. H. Hanabusa, M. Kobayashi, K. Koide, R. Horiguchi and T. Oguchi:Development of the Nowcast Traffic Simulation System for Road Traffic in Urban Areas, Proceedings of the 20th World Congress on Intelligent Transport Systems, Tokyo, 14-18 Oct. 2013.
13. H. Hanabusa, M. Kobayashi, K. Koide, R. Horiguchi and T. Oguchi:Development of the Nowcast Traffic Simulation System using Floating Car Data, Proceedings of 3rd International Conference on Models and Technologies for Intelligent Transport Systems, Dresden, 02-04 Dec. 2013.
14. H. WARITA, S. KOYAMA, Y. TAMURA, R. HORIGUCHI, M. KUWAHARA:Development of Dynamic Traffic Simulation System for Tokyo Metropolitan Expressways and Its Future Prospects(extended abstract), International Symposium of Transport Simulation & International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardisation, Ajaccio, Corsica, 1-4 Jun. 2014.
15. R. Horiguchi, H. Hanabusa, M. Kobayashi, K. Koide, T. Oguchi:Nowcast Simulation Predicting Network Traffic Conditions by Assimilating Floating Car Data(extended abstract), International Symposium of Transport Simulation & International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardisation, Ajaccio, Corsica, 1-4 Jun. 2014.
16. 田村勇二, 割田博, 小山周一, 白石智良, 桑原雅夫:首都高速道路におけるオンライン予測シミュレーションの精度向上に関する一考察, 第49回土木計画学研究発表会(春大会), 仙台, 2014.6.7-8.
17. 花房比佐友, 小林正人, 小出勝亮, 堀口良太, 大口敬:ナウキャストシミュレーションシステムの適用と検証, 生産研究, Vol.67, No.2, pp.131-136, 2015.3.30.

▲ ページトップへ

ACC・隊列走行・自動運転に関する文献
1. R. Horiguchi and T. Oguchi:A Study on Car Following Models Simulating Various Adaptive Cruise Control Behaviors, International Journal of Intelligent Transportation Systems Research, January 2014. (DOI) 10.1007/s13177-013-0077-5
2. 鈴木一史, 山田康右, 堀口良太, 岩武宏一:高速道路サグ部渋滞対策に資するACCの将来性能と渋滞緩和効果, 第34回交通工学研究発表会, 2014.8.7-8.(研究奨励賞受賞)
3. 牧野浩志, 鈴木一史, 鹿野島秀行, 山田康右, 堀口良太:車線変更行動に着目したサグ部渋滞発生要因に関する一考察, 第50回土木計画学研究発表会(秋大会)講演集, CD-ROM, 2014.11.
4. 鈴⽊一史, 山田康右, 堀口良太, ⿅野島秀⾏, 岩武宏一, 牧野浩志: ACCおよび ⼤型⾞の影響を考慮したシミュレーションによる高速道路サグ部の交通運⽤施策 評価, 第51回土木計画学研究発表会(春大会), 2015.06.(ポスター発表のみ)
5. 鈴木一史, 山田康右, 堀口良太, 鹿野島秀行, 牧野浩志:ソフト的渋滞対策の段 階的導入による高速道路サグ部渋滞の削減可能性, 第35回交通工学研究発表会論 文集, CD-ROM, 2015.08.
6. 鈴木一史, 山田康右, 堀口良太, 岩武宏一:高速道路サグ部渋滞対策に資する ACC の将来性能と渋滞緩和効果, 交通工学論文集, Vol. 1 (2015), No. 2 特集号, p. B_60-B_67. 2015.02. (第30回交通工学研究会論文賞)
7. 牧野浩志, 鈴木一史, 鹿野島秀行, 山田康右, 堀口良太:車線変更行動に着目したサグ部渋滞発生要因の分析と渋滞対策アプローチ, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 71 (2015), No. 5, p. I_1001-I_1009. 2015.12.

▲ ページトップへ

ドライビングシミュレータに関する文献
1. 池内克史, 桑原雅夫, 須田義大, 田中敏久, Edward Chung, Staffan Nordmark, 影沢政隆, 岩佐崇史, 田中伸治, 平沢隆之, 堀口良太, 白石智良, 花房比佐友, 石川裕記, 大貫正明, 織田利彦, 加納誠, 見持圭一, 坂井繭美, 辻 求, 古川誠, 本多建, 増山義人, 丸岡勝幸, 山本隆嗣:産官学連携「サステイナブルITS」プロジェクト, 第2回ITSシンポジウム2003予稿集, pp.447-452, 2003.12.
2. M.Kuwahara, S.Tanaka, M.Kano, M.Furukawa, K.Honda, K.Maruoka, T.Yamamoto, T.Shiraishi, H.Hanabusa, and N.Webster:An Enhanced Traffic Simulation System For Interactive Traffic Environment, 2005 IEEE Intelligent Vehicles Symposium, June, 2005.
3. A. Nakasone, H. Prendinger, M. Miska, M. Lindner, R. Horiguchi and M. Kuwahara:OpenEnergySim: A 3D Internet Based Experimental Framework for Integrating Traffic Simulation and Multi-User Immersive Driving, SimulationWorks 2011, Barcelona, Spain, March 21-25 2011.
4. 大島大輔, 山田康右, 竹之内篤, 山下浩行, 中野公彦, 鈴木高宏, 小野晋太郎, 平沢隆之, 洪性俊, 杉町敏之, 鄭仁成, 須田義大, 大口敬, 堀口良太, 白石智良:ドライビングシミュレータに対するニーズ及び先進的関連技術に関する調査研究, 生産研究, Vol.67, No.2, pp.87-92, 2015.3.30.

▲ ページトップへ

その他シミュレーションモデル利用に関する文献
1. T. Yoshii, H. Akahane and M. Kuwahara :An Evaluation on Effects of Dynamic Route Guidance on an Urban Expressway Network, Proceedings of the 2nd World Congress on Intelligent Transport Systems, Yokohama, Vol.4, pp.1995-2000, 1995.
2. S. Tanaka, M. Kuwahara, T. Yoshii, R. Horiguchi and H. Akahane :Estimation of Travel Demand and Network Simulators to Evaluate Traffic Management Schemes in Disaster, Proceedings of INCEDE-NCEER Center-to-Center Project Workshop in Earthquake Engineering - Frontiers in Transport Systems, Tokyo, 1998.
3. 花房比佐友, 高橋勝美, 堀口良太:中心市街地の交通施策検討における動的交通シミュレータの適用, 土木学会年次学術講演会講演概要集第4部, Vol.55, pp.880-881, 2000.
4. 堀口良太,シミュレーションによる交通流の解析と可視化, 第6回ビジュアリゼーションカンファレンス, 2000.10.27.
5. 堀口良太, 小根山裕之:適用事例を通した交通シミュレーション利用実態の分析と利用促進への課題, 第37回土木計画学シンポジウム論文集, pp.121-127, 2001.
6. 堀口良太:動的交通シミュレーションの再現性指標に関する適正性の考察, 土木計画学研究発表(春大会), 2002.6.
7. 堀口良太, 小根山裕之:適用事例を通した交通シミュレーション利用実態の分析と利用促進への課題, 土木学会論文集IV, Vol.709, No.IV-56, pp.61-69, 2002.7.
8. R Horiguchi and M. Kuwahara:The Art of Utilization of Traffic Simulation Models - How Do We Make Them Be Reliable Tools?, Proceedings of the Internatinal Symposium on Transport Simulation, Yokohama, pp.149-170, August, 2002.
9. 飯島護久, 小林寛, 菊地春海, 西條健一, 下川澄雄, 佐藤光, 佐藤和彦, 堀口良太:岡山市内国道53号の交差点改良効果~2つの異なるシミュレーションによる評価, 第27回土木計画学研究発表会講演集, No.27, CD-ROM, 2003.6.
10. 堀口良太:動的交通シミュレーションの再現性指標に関する適正性の考察, 土木計画学研究・論文集, Vol.20, pp.983-988, 2003.
11. 菊池春海, 西條健一, 小林寛, 下川澄雄, 牧村和彦, 佐藤光, 堀口良太:SIPAとAVENUEによる岡山市内国道53号の道路改良施策の評価, 交通工学, Vol.39, No.2, pp.22-26, 2004.3.
12. 堀口良太:最近の渋滞現象への取り組みと交通シミュレーション開発の動向, 電子情報通信学会ITS研究会講演集, 2004.12.
13. R. Horiguchi and M. Kuwahara: The Art of the Utilization of Traffic Simulation Models: How Do We Make Then Reliable Tools?, Simulation Approaches in Transportation Analysis (Ed. by R. Kitamura and M. Kuwahara), pp. 131-166, Springer, 2005.
14. Harutoshi YAMADA, Hiroyuki OUCHI, Takayuki HIRASAWA, Kousuke YAMADA, Yasunori KATAYAMA, Ryota HORIGUCHI, Masanori OIKAWA:Applicability of AHS Service for Traffic Congestion in Sag Sections, Proceedigs of 12th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM, 2005.11.
15. 花房比佐友, 堀口良太, 桑原雅夫, 田中伸治, 牧野浩志, 大内浩之:高速道路サグ部におけるAHS円滑化サービス評価用交通シミュレータの開発, 第4回ITSシンポジウム2005論文集, 2005.12.
16. 久米敦子, 平野忠幸, 辻賢之, 花房比佐友:静岡県交通シミュレーション活用ガイドラインと活用マニュアルの作成, 第32回土木計画学研究発表会(秋大会)講演集, CD-ROM, 2005.12.
17. R. Wang, R. Horiguchi, S. Tanaka and M. Kuwahara:An Analitical Method for Intersection Enterning Traffic Flow Estimation, Proceedings of the 7th International Conference on Traffic and Transportation Studies, Kunming, China, 2010.8.
18. 堀口良太:交通流シミュレーションの技術動向, 自動車技術, Vol.64 No.3, 2010.3.

▲ ページトップへ

車両軌跡のトラッキング技術に関する文献
1. 堀口良太, 赤羽弘和, 舟橋賢二:拡張カルマンスムージングによる3次元プローブ車両走行軌跡と運転挙動の推定, 第57回土木学会年次学術講演会講演概要集, CD-ROM, 2002.9
2. 赤羽弘和, 畠中聡志:複数のビデオカメラによる車両走行軌跡の連続観測, 第2回ITSシンポジウム2003, 京都, 2003.
3. H. Akahane, S. Hatakenaka:Successive Observations of Trajectories of Vehicles with Plural Video Cameras, International Journal of ITS Research, Vol.2, No.1, October 2004.
4. 船岡直樹, 佐藤光, 岡村寛明, 割田博, 赤羽弘和, 堀口良太:首都高速道路箱崎ロータリー近傍におけるビデオ画像データを用いた渋滞発生メカニズムの分析, 第4回ITSシンポジウム2005論文集, 2005.12.
5. 小宮粋史, 大口敬, 赤羽弘和, 堀口良太, 桑原雅夫:時空間連続観測車両による周辺車両の走行挙動計測, 第4回ITSシンポジウム2005論文集, 2005.12.
6. 割田博, 赤羽弘和, 堀口良太, 岡村寛明, 船岡直樹:首都高速道路箱崎ロータリー近傍における画像解析手法を用いた交通現象の分析, 第33回土木計画学研究発表会(春大会)講演集, CD-ROM, 2006.6.
7. 割田博, 赤羽弘和, 船岡直樹, 堀口良太:都市高速道路における画像解析手法を用いた渋滞発生メカニズムの詳細分析, 交通工学, Vol.42, No.3, pp.35-40, 2007.5.
8. 小宮粋史, 赤羽弘和, 舌間貴宏, Jian Xing, 堀口良太:複数ビデオカメラによる車両走行軌跡の長区間連続・大量推定システムの高速道路料金所広場への適用, 交通工学, Vol.42, No.3, pp.47-53, 2007.5.
9. 小宮粋史, 大口敬, 赤羽弘和, 堀口良太, 桑原雅夫:実験車両による実道路における車両走行挙動の連続観測, 生産研究, 59巻3号, pp. 217-221, 2007.6.
10. M. Iida, T. Komiya and H. Akahane: Estimation of positions of vehicles with Unscented Kalman Filter, Proceedings of 15th World Congress on Intelligent Transport Systems, New Yord, 2008.11.
11. 小宮粋史, 大口敬, 赤羽弘和, 堀口良太, 桑原雅夫:車両間および車両と道路構造との相互作用の連続観測用実験車の開発, 交通工学, Vol.44, No.1, pp. 71-80, 2009.1.
12. 小宮粋史, 花房比佐友, 堀口良太:走行軌跡推定機能付きスマートフォンプローブアプリの開発, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.

▲ ページトップへ

ITS整備計画論に関する文献
1. 堀口良太, 桑原雅夫, 赤羽弘和:車両走行軌跡の取得を目的とした光学式ビーコンの効率的な配置を求める手法と車載機高度化による効果, 第20回交通工学研究発表会講演論文集, pp.73-76, 2000.
2. R. Horiguchi, M. Kuwahara and H. Akahane:The Optimal Arrangement of Infrared Beacons on a Road Network to Collect Vehicle Trajectories ? Pattern Analysis Using Schema Theory, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Hanoi '01, Vol.4, No.4, pp.219-228, 2001.
3. 堀口良太:効率的な交通情報提供サービスのためのタクシープローブ配備計画手法の理論と実証, ITSシンポジウム2002, 論文集, pp.677-683, 2002.12
4. 春田仁, 渋谷裕久, 堀口良太, 赤羽弘和, 森川高行, 中村英樹, 植原啓介:インターネットITSアプリケーション検証シミュレータ, 第27回土木計画学研究発表会講演集, No.27, CD-ROM, 2003
5. T. Hino, M. Sato, K. Uehara, K. Imamura, H. Akabane, H. Haruta, R. Horiguchi, H. Sunahara:HAKONIWA - Application Development Environment for Internet CAR system-, Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, October, 2004.
6. 村田啓介, 堀口良太, 桑原雅夫, 浅野美帆, 田中伸治:プローブタクシーのリンク通過頻度推計モデル, 第32回土木計画学研究発表会・講演集, CD-ROM, 2005.12.
7. H. Hanabusa and R. Horiguchi:A Study of the Analytical Method for the Location Planning of Charging Stations for Electric Vehicles, Proceedings of the 15th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems, Kaiserslautern, 12-14 September, 2011.
8. 小林正人, 堀口良太, 大口敬:標高データを活用した簡便な道路縦断勾配推定手法の開発, 第29回日本道路会議, 2011.11.1-2.(優秀論文賞受賞)

▲ ページトップへ

自動車プローブ情報処理技術に関する文献
1. 堀口良太:走行イベント単位でのプローブデータ記録方式の効用, 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002.11.
2. 堀口良太, 清水行晴, 金崎貴文, 岡村明彦, 上田憲道, 杉崎康弘:プローブデータのクレンジング処理と車種別の運行特性分析, 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002.11.
3. 上杉友一, 井料隆雅, 小根山裕之, 堀口良太, 桑原雅夫:断片的なプローブ軌跡の接合による区間旅行時間の期待値と分散の推定, 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002.11
4. M. Sarvi, E. Chung, Y. Murakami, R. Horiguchi and M. Kuwahara:A Methodology for Data Cleansing and Trip End Identification of Probe Vehicles, Proceedings of the JSCE Conference of Infrastructure Planning, Vol.26, Nov. 2002.
5. E. Chung, M. Sarvi, Y. Murakami, R. Horituchi and M. Kuwahara:Cleansing of Probe Car Data to Determine Trip OD, Presented at 21st ARRB Conference in Cairns, Austraria, 18-23 May, 2003.
6. 堀口良太:「IPCar実証実験」におけるデータ処理技術について, 交通工学, 第38巻4号, pp.30-35, 2003.
7. Majid Sarvi, Ryota Horiguchi, Masao Kuwahara, Yukiharu Shimizu, Akinori Sato, Yasuhiro Sugisaki:A Methodology to Identiry Traffic Congestion Using Intelligent Probe Vehicles, Proceedings of 10th World Congress on Intelligent Transport Systems 2003, Madrid, 2003.
8. 上杉友一, 井料隆雅, 小根山裕之, 堀口良太, 桑原雅夫:断片的なプローブ軌跡の接合による区間旅行時間の期待値と分散の推定, 土木計画学研究・論文集, Vol.20, pp.923-929, 2003.
9. 堀口良太, 和田光示:インターネットITSプローブ情報システムによる信号制御の性能指標モニタリング実証実験, 第29回土木計画学研究発表会講演集, No.29, CD-ROM, 2004.6.
10. R. Horiguchi and K. Wada:Effective Probe Data Transmittal with Detection of Congestion Pattern, Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, October, 2004.
11. 原田昇, 吉井稔雄, 牧村和彦(オーガナイザ):プローブデータを取り巻く動向と課題, 第31回土木計画学研究発表会・春大会スペシャルセッション, 広島, 2005.6.
12. 堀口良太, 和田光示:プローブの走行パターンを利用した統合型車載機での異常渋滞判定アルゴリズムの開発, 第4回ITSシンポジウム2005論文集, 2005.12.
13. 堀口良太:センタレスプローブ情報処理アルゴリズムの開発, 自動車研究, Vol.29, No.6, pp.539-542, 2007.10.
14. Y. Hayashi, A. Naitoh, M. Jiang, T. Tokuyama, M. Iijima, R. Horiguchi, M. Kuwahara:A Study of Environment Conscious Travel Guidance with Pareto Improvement, Proceedings of 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, Beijing, 2007.11.
15. 石田剛朗, 今池正好, 佐藤雅明, 堀口良太, 和田光示, 植原啓介, 村井純:センタレスプローブ情報システムにおける情報伝達アルゴリズムの開発と評価, KEIO SFC Journal, Vol.7, No.2, pp.38-55, 2007.
16. 佐藤雅明, 石田剛朗, 堀口良太, 清水克正, 春田仁, 和田光示, 植原啓介, 村井純:実車両を用いたセンタレスプローブ情報システムによる道路交通情報生成アルゴリズムの提案と評価, 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.1, 2008.
17. 多田俊也, 赤羽弘和, 小出勝亮, 小宮粋史:センタレスプローブシステムの交通情報過疎地域への適用, 第29回交通工学研究発表会論文集, 2009.10.(研究奨励賞受賞)
18. 和田沙織, 吉井稔雄, 花房比佐友, 堀口良太:プローブデータを用いた飽和交通流率の推計手法, 第41回土木計画学研究発表会(春大会)論文集, 2010.6/5-6.
19. R. Horiguchi, M. Iijima and H. Hanabusa:Traffic Information Provision Suitable for TV Broadcasting Based on Macroscopic Fundamental Diagram from Floating Car Data, Proceedings of 13th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems, Madeira Isrand, Portugal, 19-22 September 2010.
20. 飯島護久, 堀口良太:プローブデータに基づくエリア流動性情報提供に関する研究, 第9回ITSシンポジウム2010予稿集, pp.1-4, 2010.12.
21. 小宮粋史, 堀口良太, 小出勝亮, 花房比佐友:センタレスプローブシステムにおける交通情報統合による信頼性向上の評価, 第9回ITSシンポジウム2010予稿集, pp.359-364, 2010.12.
22. 飯島護久, 堀口良太:東日本大震災時のメッシュ交通情報を用いた都区部における交通流動性分析, 第29回日本道路会議, 2011.11.1-2.
23.R. Horiguchi, M. Iijima, M. Kobayashi and H. Hanabusa: Incident detection for the surface street network with the mesh‐wised traffic indices on the macroscopic fundamental diagramLATSIS 2012 - 1st European Symposium on Quantitative Methods in Transportation Systems, Lausanne, 4-7 September, 2012.
24. R. Horiguchi, M. Iijima, M. Kobayashi and H. Hanabusa:Traffic anomaly detection for surface street networks with the mesh-wised traffic indices on macroscopic fundamental diagram, OPTIMUM2013 - International Symposium on Recent Advances in Transport Modelling, Kingscliff, NSW, Australia, 21-23 April, 2013.
25. 堀口良太:新しい交通情報のカタチ, アーバン・アドバンス, No.62, pp.30-35, 2014.3.
26. 平井章一, Jian XING, 小林正人, 堀口良太, 宇野伸宏:ETCデータを活用した都市間高速道路における休憩施設滞在時間推定に関する基礎分析, 第51回土木計画 学研究発表会(春大会)・講演集, CD-ROM, 2015.06.
27. 堀口良太, 桑原雅夫:交通流変分理論の最適化問題への緩和によるプローブ車両 データからの交通状態推定に関する基礎的考察, 第35回交通工学研究発表会論文集, CD-ROM, 2015.08.
28. S. Hirai, J. Xing, M. Kobayashi, R. Horiguchi, N. Uno:Preliminary analysis on resting behavior of expressway users with ETC data, 22nd ITS World Congress, Bordeaux, 5–9 October 2015.
29. 平井章一, Jian XING, 小林正人, 堀口良太, 宇野伸宏:ETCトリップデータの分析に基づくマクロ休憩行動モデルの構築, 第52回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, 秋田, 2015.11.
30. 花房比佐友, 飯島護久, 小宮粋史, 堀口良太:プローブデータに基づくエリア流動性情報の全国展開に向けた取り組み, 第13回ITSシンポジウム講演論文集, 2015.12.
31. 平井章一, Xing Jian, 堀口良太, 宇野伸宏:都市間高速道路における長時間休憩に対応したマクロ休憩行動モデルの構築, 第53回土木計画学研究発表会(春大会)講演論文集, 札幌, 2016.05.
32. 平井章一, Xing Jian, 甲斐慎一朗, 堀口良太, 宇野伸宏:ETC2.0 プローブデータを活用した都市間高速道路における休憩行動分析, 第36回交通工学研究発表会論文集, CD-ROM, 2016.08.
33. 花房比佐友, 飯島護久, 小宮粋史, 堀口良太: プローブデータによるエリア流動性情報の生成と全国展開に向けた取り組み, 情報処理学会第66回高度交通システムとスマートコミュニティ研究会(ITS)研究発表会, 東京, 2016.09.14.
34. S. Hirai, J. Xing, S. Kai, R. Horiguchi and N. Uno:Study of resting behavior on inter-urban expressways using ETC 2.0 probe data, 23rd ITS World Congress, Melbourne, Australia, 10–14 October 2016.
35. 松田奈緒子, 牧野浩志, 吉村仁志, 山田康右, 堀口良太:ETC2.0プローブ情報を活用した環状高速道路の交通状態把握手法に関する研究, 第54回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, 長崎, 2016.11.
36. 平井章一, XING Jian, 堀口良太, 宇野伸宏:ETCデータに基づく都市間高速道路におけるマクロ休憩行動モデルの構築, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 72 (2016) No. 5, pp. I_661-I_67, 2016.12.23.
37. 牧野浩志, 鈴木一史, 鹿野島秀行, 山田康右, 堀口良太:車線変更行動に着目したサグ部渋滞発生要因の分析と渋滞対策アプローチ, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 72 (2016) No. 5, pp. I_1001-I_1, 2016.12.23.
38. 平井章一, Jian XING, 甲斐慎一朗, 堀口良太, 宇野伸宏:ETC2.0 プローブデータを活用した都市間高速道路における休憩行動実態把握, 交通工学論文集, Vol. 3, No. 4, p. A_36-A_45, 2017.04.
39. 後藤梓, 松田奈緒子, 山田康右, 堀口良太, 吉田秀範, 榊真:ETC2.0プローブ情報を活用した環状道路ネットワーク交通状態把握手法によるケースステディ, 第37回交通工学研究会発表論文集(研究論文), No.65, pp.406-416, 2017.08
40. 平井章一, Jian XING, 甲斐慎一朗, 堀口良太, 宇野伸宏:ETC2.0プローブデータに基づく都市間高速道路の休憩施設選択行動モデルの構築, 第37回交通工学研究発表会論文集(研究論文), No.102, pp.651-658, 2017.08

▲ ページトップへ

歩行者プローブ情報処理技術に関する文献
1. 前司敏昭, 堀口良太, 赤羽弘和, 小宮粋史:GPS携帯端末による交通モード自動判定法の開発, 第4回ITSシンポジウム2005論文集, 2005.12.
2. 堀口良太, 長岡亨, 畑成年:GPS携帯電話による大規模パーソンプローブ調査のためのトリップ情報抽出手法に関する研究, 第33回土木計画学研究発表会(春大会)講演集, CD-ROM, 2006.6.
3. 貞廣雅史, 堀口良太, 松本 修一:携帯GPS測位ログデータを用いた交通行動調査に関する基礎的研究, 第34回土木計画学研究発表会(春大会)講演集, CD-ROM, 2007.6.
4. 松本修一, 貞廣雅史, 堀口良太, 花房比佐友, 熊谷靖彦:携帯GPS測位ログデータを用いた交通行動調査に関する基礎的研究, 第35回土木計画学研究発表会(春大会)講演集, CD-ROM, 2008.6.

▲ ページトップへ

信号制御に関する文献
1. 越正毅, 桑原雅夫, 赤羽弘和, 尾崎晴男, 安井一彦, 中村英樹, 大口敬, 吉井稔雄, 堀口良太, 小根山裕之:ITSセンシング技術を活用した交通信号制御アルゴリズム, 土木計画学研究発表会(春), 2002.6.
2. 浅野美帆, 中島章, 堀口良太, 小根山裕之, 桑原雅夫:リアルタイムモデル規範信号制御のための遅れ時間算出方法, 土木計画学研究・講演集, Vol.26, 2002.11.
3. 浅野美帆, 中島章, 堀口良太, 小根山裕之, 桑原雅夫, 越正毅, 赤羽弘和:遅れ時間自己評価によるリアルタイム信号制御, 土木計画学研究・論文集, Vol.20,No.4,pp.879-886, 2003.
4. M. Asano, A. Nakajima, R. Horiguchi, H. Oneyama and M. Kuwahara:Traffic Signal Control Algorithm Based On Queuing Model Using ITS Sensing Technologies, Proceedings of 10th World Congress on Intelligent Transport Systems, Madrid, November, 2003.
5. 浅野美帆, 堀口良太, 桑原雅夫:交通シミュレーションを利用した信号制御アルゴリズム評価のための仮想実験, 交通工学, Vol.39, No.2, pp.39-45, 2004.3.
6. M. Asano, R. Horiguchi and M. Kuwahara:Adaptive Traffic Signal Control Using Real-time Delay Measurement - Consideration of Stochastic Delay -, Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, October, 2004.
7. 浅野美帆, 堀口良太, 桑原雅夫:需要の確率変動を考慮した遅れ時間評価型リアルタイム交通信号制御, 第24回交通工学研究発表会講演論文集, 2004.10.(研究奨励賞受賞)
8. 花房比佐友, 飯島護久, 堀口良太:リアルタイム信号制御アルゴリズムのためのプローブ情報を利用した遅れ時間評価, 第8回ITSシンポジウム2009, 2009.12.
9. H. Hanabusa, M. Iijima and R. Horiguchi:Development of Delay Estimation Method using Probe Data for Adaptive Signal Control Algorithm, Proceedings of 14th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems, Cardiff, Wales, UK, 8-10 September 2010.

▲ ページトップへ

旅行時間・渋滞予測に関する文献
1. 舟橋賢二, 西村茂樹, 堀口良太, 赤羽弘和, 桑原雅夫, 小根山裕之:VICS 蓄積データを用いた旅行時間短期予測手法に関する研究, 第27回土木計画学研究発表会講演集, No.27, CD-ROM, 2003.6.
2. 堀口良太, 高橋秀喜, 折野好倫, 尾高寛信:アップリンクを利用した旅行時間と地点速度データに基づく旅行時間の誤差要因に関する理論的考察, 第23回交通工学研究発表会論文報告集, pp.117-120, 2003.10.
3. 堀口良太, 赤羽弘和, 尾高寛信:累積交通量とアップリンク情報を用いた高速道路旅行時間の短期予測, 第2回ITSシンポジウム2003予稿集, pp.289-294, 2003.12.
4. R. Horiguchi, H. Akahane and K. Koide:Data Fusion of VICS and Probe to Reduce Uncertainty of Travel Time Information, Proceedings of 2nd International Symposium on Transportation Network Reliability, Christchurch, 2004.
5. H. Otaka, R. Horiguchi and H. Akahane:Short Term Travel Time Prediction Using Cumulative Traffic Counts And Uplink Information Collected on Expressways, Proceedings of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems, Nagoya, October, 2004.
6. 白石智良, 桑原雅夫, 堀口良太:リアルタイム予測交通流シミュレーションシステムの開発, 第30回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, CD-ROM, 2004.11.
7. 小出勝亮, 宮崎要, 堀口良太, 赤羽弘和:VICS情報とプローブ情報の融合手法の研究, 第30回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, CD-ROM, 2004.11.
8. 舌間貴宏, 尾高寛信, 堀口良太:都市間高速道路における所要時間予測に関する検討, 第27回日本道路会議論文集, CD-ROM, 2007.11.(優秀論文賞受賞)
9. 舌間貴宏, 村重至康, 山岸肇, 大内浩之, 堀口良太:アップリンク情報を活用した都市間高速道路における旅行時間予測手法の研究, 第6回ITSシンポジウム講演論文集, CD-ROM, 2007.12.
10. Y. Murashige, T. Shitama and R. Horiguchi: Travel Time Prediction on Inter-Urban Expressways Based on Uplink Information, International Journal of ITS Research, Vol. 7, No. 2, October 2009.
11. 村重至康, 加藤真司, 舌間貴宏, 堀口良太:都市間高速道路における所要時間予測手法の検討, 第29回交通工学研究発表会論文集, 2009.10.

▲ ページトップへ

交通安全評価に関する文献
1. 高松誠治, 堀口良太, 赤羽弘和:道路網の位相幾何学的評価尺度を導入した交通事故リスク推計モデルの構築, 交通工学, Vol.44, No.1, pp.54-62, 2009.1.
2. 坂本尚基, 赤羽弘和, 高松誠治, 南部繁樹, 堀口良太:ロバスト・ポアソン回帰による交通事故リスクモデルの同定と適用, 第40回土木計画学研究発表会(秋大会)講演集, 2009.11.
3. 甲斐慎一朗, 平井章一, 邢健, 成嶋晋一, 堀口良太:高速道路シミュレーターへの適用を念頭においた交通状態別の事故率に関する考察, 第53回土木計画学研究発表会(春大会)講演論文集, 札幌, 2016.05.

▲ ページトップへ

災害時の交通運用に関する文献
1. 桑原雅夫, 大畑長, 金進英, 古市信道, 櫻井康博, 本間基寛, 堀口良太, 花房比佐友, 森一夫, 浦山利博, 佐口治, 今井武, 津田博之, 江藤和昭:データ融合による災害時および平常時のモビリティ情報の生成, 第14回日本災害情報学会, 2012.10.
2. 金進英, 花房比佐友, 桑原雅夫, 大畑長, 堀口良太, 浦山利博, 佐口治, 江藤和昭, 家森崇文, 櫻井康博, 本間基寛, 益田卓朗:災害時と平常時の交通マネジメントのためのデータ融合と解析, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
3. 大畑長, 浦山利博, 花井健太, 彦坂健太, 花房比佐友, 今井武, 津田博之, 江藤和昭:災害時と平常時の交通マネジメントのためのデータ融合解析システムの紹介, 第47回土木計画学研究発表会(春大会), 広島, 2013.6.1-2.
4. 金進英, 桑原雅夫, 花房比佐友, 今井武:集計・観測データを用いた交通避難シミュレーションの検証, 第47回土木計画学研究発表会(春大会), 広島, 2013.6.1-2.
5. 花房比佐友, 小宮粋史, 堀口良太, 桑原雅夫:災害時避難対策評価のための歩車錯綜シミュレーションフレームワークの構築, 第51回土木計画学研究発表会(春 大会)・講演集, CD-ROM, 2015.06.
6. H. Hanabusa, K. Koide, T. Komiya, R. Horiguchi, M. Kuwahara:A traffic simulation model of pedestrian and vehicle for evacuation under natural disaster, 22nd ITS World Congress, Bordeaux, 5–9 October 2015.
7. 長尾一輝, 大畑長, 柿元祐史, 花房比佐友, 二上洋介, 江藤和昭, 桑原雅夫:大規模地震時における自動車避難行動を考慮した避難施策の評価, 土木学会論文集D.(土木計画学),Vol.71, No.5(土木計画学研究・論文集第32巻)I_53-I_68, 2015.
8. 大畑長, 飯島護久, 花房比佐友, 須藤哲寛, 江藤和昭, 柿元祐史, 桑原雅夫, 三谷卓摩, 川崎洋輔, 原祐輔:多様なデータ融合による災害時のモビリティ支援に向けた災害時施策評価ツールの開発, 第13回ITSシンポジウム講演論文集, 2015.12.
9. 川崎洋輔, 桑原雅夫, 木村洋一, 戸髙弘統, 大坪裕哉, 松沼毅, 松永義徳, 永井慎一, 小宮粋史, 堀口良太:多様なデータ融合による災害時のモビリティ支援に向けた災害時のリアルタイムシステムの開発, 第13回ITSシンポジウム講演論文集, 2015.12.
10. 川崎洋輔, 桑原雅夫, 原祐輔, 堀口良太, 小宮粋史, 戸髙弘統, 浦山利博, 大坪裕哉, 永井慎一:災害時のリアルタイムアラート情報提供システムの構築, 第14回ITSシンポジウム2016発表論文集, 2016.11.
11. 大畑長, 花房比佐友, 高橋浩司, 菅野桂子, 川崎洋輔, 須藤哲寛, 江藤和昭, 堀口良太, 桑原雅夫, 三谷卓摩:大規模災害時の避難交通シミュレーションモデルの開発と適用, 第14回ITSシンポジウム2016発表論文集, 2016.11.

▲ ページトップへ

環境評価に関する文献
1. 堀口良太, 岡村寛明, 土田達:ハイブリッドブロック密度法を用いた交通流シミュレーションAVENUEへの排気ガス発生量推定モデルの組み込み, 土木学会第54回年次学術講演会第VII部門論文集, 1999.
2. 小根山裕之, 大口敬, 赤羽弘和, 桑原雅夫:直線近似された車両軌跡からの排出量推計手法, 第26回土木計画学研究発表会講演集, No.26, CD-ROM, 2002.11.
3. K. Tsukui, H. Hanabusa, H. Oneyama, Y. Oshino and M. Kuwahara:CO2 and Noise Evaluation Model Linked with Traffic Simulation for a Citywide Area, International Journal of ITS Research, Vol. 7, No. 1, June 2009.
4. 堀口良太:エネルギーITSの効果評価シミュレーションの開発, 自動車技術, Vol.64 No.9, 2010.9.
5. R. Horiguchi, H. Hanabusa, M. Kuwahara, S. Tanaka, T. Oguchi, H. Oneyama, H. Hirai and S. Hayashi:Validation Scheme for Traffic Simulation to Estimate Environmental Impactsin 'Energy-ITS Project', Proceedings of 17th World Congress on Intelligent Transport Systems, Busan, Korea, 25-29 October 2010.
6. 桑原雅夫, 平井洋, 米沢三津夫, 林誠司, 金成修一, 田中伸治, マーク・ミスカ, 洪性俊, 堀口良太, 花房比佐友, 小宮粋史, 大口敬, 小根山裕之:エネルギーITSプロジェクト-国際的に信頼されるITS施策効果評価方法の確立-, 第9回ITSシンポジウム2010予稿集, pp.216-221, 2010.12.
7. 桑原雅夫, 堀口良太, 平井洋, 田中伸治, Mark Miska, 米沢三津夫, 林誠司, 金成修一, 花房比佐友, 小宮粋史, 洪性俊, 大口敬, 小根山裕之:エネルギーITSプロジェクト-国際的に信頼されるITS施策効果評価方法の確立-, 生産研究, 63巻2号, pp.149-154, 2011.2.
8. 小宮粋史, 堀口良太, 小出勝亮:センタレスプローブシステム適用時におけるCO2削減効果評価, 第10回ITSシンポジウム予稿集, 2011.11.4-5.
9. 金成修一, 花房比佐友, 林誠司, 平井洋, 木村真, 米沢三津夫, 堀口良太, 田中伸治, 大口敬, 小根山裕之, 桑原雅夫:東京23区におけるエコドライブによるCO2削減効果の検討, 第10回ITSシンポジウム予稿集, 2011.11.4-5.
10. 佐々木卓, 岸浩二, 萬沙織, 田中淳, 松沼毅, 後藤秀典, 堀口良太, 飯島護久, 花房比佐友, 吉村方男, 佐々木政秀:持続可能な生活交通情報フィードバックシステムにおける時空間融合交通情報基盤の検討, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
11. 飯島護久, 堀口良太, 小宮粋史, 小出勝亮, 小林正人:市民向け生活交通情報配信システムの開発, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
12. 光安皓, 市川博一, 田村勇二, 長谷川雅人, 須田昌仁, 堀口良太, 飯島護久, 花房比佐友, 吉村方男, 佐々木卓, 萬沙織, 小野晋太郎, 大口敬, 池内克史:環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活交通情報フィードバックシステムの構築に関する基礎調査, 第11回ITSシンポジウム予稿集, 2012.12.13-14.
13. G. Qian, E. Chung and R. Horiguchi:Assessing Eco-driving Performance of a Traffic Platoon at Urban Intersections: An Experimental Study, OPTIMUM2013 - International Symposium on Recent Advances in Transport Modelling, Kingscliff, NSW, Australia, 21-23 April, 2013.
14. M. Kuwahara, R. Horiguchi, S. Hayashi and S. Tanaka:Development of an Assessment Tool of the Effects of ITS on CO2 Emissions, International Journal of Intelligent Transport Systems Research, Vol. 11, No. 3, pp. 129-140, September 2013. (DOI)10.1007/s13177-013-0063-y
15. 池内克史, 大口敬, 桑原雅夫, 小野晋太郎, 上條俊介, 大石岳史, 小出公平, 堀口良太, 花房比佐友, 飯島護久, 吉村方男, 亀田佳靖, 森一夫, 田中淳, 松沼毅, 後藤秀典, 長谷川雅人, 須田昌仁, 佐々木卓, 萬沙織, 市川博一, 光安皓, 田村勇二, 大島大輔, 山下浩行, 佐々木政秀:環境に配慮した効率的な交通行動への変容を促す生活活動情報フィードバックシステムの開発, 生産研究, Vol.67, No.2, pp.93-98, 2015.3.30.
16. K. Ikeuchi T. Oguchi, M. Kuwahara, S. Ono, S. Kamijo, T. Oishi, K. Koide, R. Horiguchi, H. Hanabusa, M. Iijima, M. Yoshimura, Y. Kameda, K. Mori, A. Tanaka, T. Matsunuma, H. Goto, M. Hasegawa, S. Suda, S. Sasaki, S. Yorozu, H. Ichikawa, A. Mitsuyasu, Y. Tamura, D. Oshima, H. Yamashita, M. Sasaki: 8% Reduction of CO2 Emission by Raising Awareness of Citizens: Development and Evaluation of Regional Transport Information System for Promoting Eco-Friendly Travel Behavior, 22nd ITS World Congress, Bordeaux, 5–9 October 2015.

▲ ページトップへ

その他交通工学・交通計画一般に関する文献
1. 羽染久, 立尾浩一, 堀口良太, 岡村寛明, 横田勇, 仁田義孝:広域ごみ処理施設立地選定の一考察について, 第9回廃棄物学会研究発表会, 1998.10.
2. 羽染久, 立尾浩一, 堀口良太, 岡村寛明, 横田勇, 仁田義孝:広域ごみ処理施設立地選定の一考察について, 都市清掃, 52巻, pp272-278, 1999.
3. 堀口良太, 岡村寛明:広域ごみ処理施設の立地選定法の一考察について, 第23回日本道路会議, 日本道路協会, 1999.10.
4. 花房比佐友, 甲斐慎一朗, 小宮粋史, 小出勝亮:東京シャンゼリゼプロジェクト」の活性化を念頭に置いた多車線道路における駐車行動の把握と道路空間再配分の可能性に関する研究概要版), 平成26年度提案公募型研究, (公財)東京都道路整備保全公社, 2015.2
5. 松山奈々海, 下川澄雄, 森田綽之, 吉岡慶祐, 堀口良太:都市間高速道路のサグ渋滞におけるボトルネック上流の交通特性分析, 第53回土木計画学研究発表会(春大会)講演論文集, 札幌, 2016.05.
6. 飯島護久, 花房比佐友, 永田尚人, 上村俊一, 平山修久:首都直下型地震を想定した東京都23区の災害廃棄物処理量シミュレーション, 第27回廃棄物資源循環学会研究発表会, 和歌山, 2016.09.27-29.
7. 飯島護久, 花房比佐友, 永田尚人, 平山修久, 上村俊一:首都直下型地震を想定した東京都23区の災害廃棄物処理量シミュレーション, 第54回土木計画学研究発表会(秋大会)講演論文集, 長崎, 2016.11.

▲ ページトップへ